2017年8月6日日曜日

認知資源

スティーブジョブスは
いつも同じ服を着ていた
という話があります。

デキル人達は
同じ服を何着ももっている
という話を時々聞きます。

たくさんの案件を抱えた
デキル人は超忙しい日々を
送っています。

彼らは何を着るか迷ったり
何を食べるか迷ったりすることは
無駄だと考えます。

認知資源というのがあります。
これは頭の中にあるゆとりの量。

一日の認知資源の量は
決まっていて

物を選ぶときには
必ず消費して行きます。

だから注意が必要です。

人は日々さまざまな事を
判断して決断しますが

朝どんな服にするかなど
つまらないことに
消費すると

認知資源の残量は
どんどん減って行き

肝心な仕事の案件に
意志決定できなくなって
いくそうです。

どっちでもいいことは
簡単に決めてしまう。

そして
肝心なことに集中できるよう
認知資源を意識するべきですね。

最後まで読んでいただき
ありがとうございます。


更新ペースは


月に一回の予定です。

大変多忙につき更新ペースを

変更させて頂きました。
では来月に。

はじめましての方は

こちらを→ クリック

2017年7月5日水曜日

ライバル店2

昔はライバル店が出現したら
まずいと思いました。

近くにお店ができたら
困ると思っていました。

まずいと思うのは
自信が無い証拠。

独自化できていない
証拠です。

今は全く逆で
心配などしません。


ライバル店ができたら
逆にツイている。

比較対象が
あるということ

自分の店の近くに
競合店があれば

お客様はこちらと
比較しやすくなります。

ちゃんとコンセプトを
立てて尖らせれば

こちらの魅力が
際立ちます。

量販店などだったら
尚一層うまく行きます。

価格競争などは
もちろん無縁です。

強力なライバル店の出現は
実は大きなチャンスです。

最後まで読んでいただき
ありがとうございます。

これより更新ペースは

月に一回の予定です。

大変多忙につき

更新ペースを変更させて頂きます。


では来月に。

はじめましての方は

こちらを→ クリック




2017年6月21日水曜日

ライバル店。1

どこの業界でも
競合店があります。

自分の店は差別化してるから
大丈夫とは言っても

同業のライバル店は
気になるものです。

大手量販店も
ひしめく業界で

大手が低価格を
打ち出したら

一般消費者の価格基準が
徐々に変化します。

場合によっては業界全体が
大きな影響を受けます。

その裏側には
大きなチャンスが隠れています。

お客様を取られたとか
安売りはけしからんとか

嘆き悲しむ人
怒る人がいます。

あんな店はダメだと
口汚く非難する人がいます。

でもそんな言葉を聞いたお客様は
あなたのことをよく思いません。

誰かの悪口ばかり
言っている人は
好かれません。

それがどんなに正しくても
人の欠点ばかり指摘している人とは

関わりたくないものです。

ライバル店が
仕掛けて来た時こそ

自分はツイていると
本気で思えるか?

このつづきはまた次回。

最後まで読んでいただき
ありがとうございます。


更新ペースは週に一回。

今回は遅れてすみません。

ではまた来週に。


はじめましての方は

こちらを→ クリック






2017年6月14日水曜日

その方向で合っている。

大学を卒業して
ある会社に就職しましたが

歓迎会で出会った
印象的な先輩がいました。

とても大きな会社だったので
その人とはそれっきりだと
思っていました。

そころがその後
社員研修を経て

配属先が決まり
初めて出勤してみると

そこには何と
その先輩がいました。

お互い凄く驚いた!
そんな事がありました。

また別件ですが
お店に関することで
他府県にある工場を訪れました。

その時に初めて出会った人がいて
1日とてもお世話になりました。

同じ業界の先輩として
とても尊敬できる人だと思いました。

それから1年たったある日
たまたま同じ工場を訪れたら

またそこにその人がいました。
その人も1年ぶりに来たそうで

お互いとても驚いた
そんな事もありました。

一人目の先輩はとても仕事熱心で
尊敬できるひとでした。

初めは仕事がイヤで
仕方がなかった私でしたが

あれだけ頑張っている人が
いるなら

この仕事には頑張る理由が
あるはずだと思いました。

二人目の先輩は後に私が
未知のお店を立ち上げる時に

とても具体的で参考になる
アドバイスをくれました。

同じ日、同じ時間に
同じ場所で出会う人がいたら

必ず何か理由があると
思います。

言える事はひとつだけ

あなたの人生は
その方向で合っている。

最後まで読んでいただき
ありがとうございます。

更新ペースは週に一回。
毎週水曜日の予定です。


2017年6月7日水曜日

いつもと違うこと

誰でもいつもの
行動パターンがあります。

AとBの選択肢があるとき
いつもBを選んでしまう。

結果として自分らしい
人生になっていきます。

自分らしい行動が
自分の人生を作ります。

私の場合よく振り返ってみると
自分らしくない行動をしたときに
人生のターニングポイントがありました。

そのときに思いがけない
出会いがあったり

思いがけないものを
手に入れたり

もしもあの時
いつもと同じ行動をしていたら
今の自分はいないと思います。

そこへ行くか行かないか
それを選ぶか選ばないか

その時に必要だったのは
ほんの少しの勇気でした。

勇気を出して
行動して良かった。

人は歳をとるにつれて
冒険をしなくなります。

でも、いつもの自分と違うこと

いつもの自分らしくない
行動をとることは

人生を変えるポイントです。

最後まで読んで頂き
ありがとうございます。

更新ペースは週に一回
毎週水曜日の予定です。

2017年5月31日水曜日

独立の形にこだわらない


リアル店舗を
開店するには


ある程度の資金が
必要です。

それには無理して
お金を貯めたり

大きな借金を
する必要もあり

失敗するリスクも
考えると

簡単には手が
出せないものです。

ともすると諦めたり

そのうちに等と考えて

なかなか実現には
至りません。

でも何もしないで
現状に愚痴をいうことほど
みじめな事はありません。

リスクを最小に抑えて
独立する方法はないのものか?

よく考えてみれば

他に様々な方法があります。

今、サラリーマンとして
働いているなら


もちろん副業という
方法もあります。

又、それ以外にも

所属している会社に
企画書を書いて

企業内での独立を
目指す方法もあります。

企業内での独立なので
ある程度の制約はありますが


実際に軌道に乗れば
ある意味では独立と同じ

大きな借金をするリスクが無く
他にもメリットがあります。


たとえば資金については
経営者に任せて実務に専念できます。

企業内独立はメリットが少ないとか
認めてもらいにくいとか

思いがちですが

やりたい仕事ができる

場所を自分でつくる

形にこだわらない
独立で
実は私の場合はそれです。

大きな収入を得ることだけが
私のゴールではないので

個人で独立することを
選びませんでした。

この場合のポイントは
具体的な方法と情熱を
どう会社に伝えるかです。


会社との信頼関係が
とても大切ですが

何よりも自分が何をしたいか?
どんな店をやりたいか?
ハッキリしていなければいけません。

やりもしないで
あきらめてたら
何もはじまりません。


企業内での独立でも

自分に大きな使命があって

社会から本当に必要とされれば
更に大きなステップがあるでしょう。


どんなやり方であれ最終的に
登っていく山は同じだと思います。

本気で目指せば
今はムリに思えても

きっと数年後には
実現しています。


最後まで読んでいただき
ありがとうございます。


更新ペースは週に一回。
毎週水曜日の予定です。


ではまた来週に。


はじめましての方は
こちらを→ クリック

2017年5月24日水曜日

成長か衰退2

お店が順調に成長していて
これからという時に

重要なスタッフが
抜ける事があります。

すると様々な問題が
起こって来ます。

熟練スタッフの穴は
簡単には埋まりません。

問題が起こらない様
色々な策を考えます。

問題の解決にばかり
目が行きます。

どんどん内向きに
なっていきます。

人が抜けた後に
お店がどうなるか?

さらに成長へ向かうか
一気に衰退していくか
大きな分かれ道です。

大切ことはスタッフの卒業は
お店にとって新たなチャンスです。

スタッフが抜けて穴が出来て
問題ばかりに目が行きますが

良い面、悪い面の両面が存在します。

問題ばかりに目を向けず
良い面にスポットを当てて
新たなチャンスをゲットします。

初心に帰り
マインドを大切にしながら

どうすれば更に
尖ることができるか

ほんの少しの勇気があれば
踏み出せます。

最後まで読んで頂き
ありがとうございます。

更新ペースは週に一回。
毎週水曜日の予定です。

ではまた来週。