2016年7月27日水曜日

好きな物を売る

大好きなものだけを売って
本当に商売が成り立つのか?

始めはそう簡単には
行きませんでした。


それらは簡単には売れない
ものばかりだし

思惑から外れた

お客様もやってくるから。


でもお店を維持するためには
来た人には利用してもらわねば

りませんでした。

初めは調子に乗って

好きなものばかり揃えましたが

それは高単価なものばかり。


当然売れない日々が続きました。

このままでは経営自体が
ままならない。

仕方なくコンセプトからズレた
低単価なものも揃えました。

前回ブログに書いた
補助輪とはそれです。



もしも補助輪なしで行けるなら
れに越した事はありません。


でも現実は
そう簡単にはいかない。

よくあることですが
単価の低いものは

低品質なことも多く
ありきたりです。


お店のコンセプトは
どんどん曇っていく。

すると軌道に乗せるのに
途方もない時間がかかってしまう。


生きるために単価を下げる。
するとコンセプトがボケる。



だから本当は売りたくない。
いつか止めなければならない。


この時期の葛藤は
本当に厳しいものでした。

止めた後は
必ず一部の顧客は減り
とても不安になります。

でも売りたくないものを
支持するお客様は

自分の目指すお店の
本当のお客様では無い。

低単価で普通のものは
何処でも安く買える。

裏を返せば便利で安い
お店が他にできれば

いつか必ず消えて行く
お客様だと考えました。

売りたくない商品を
続けようが止めようが

いずれその顧客の層は
ごっそりと消える。

これ恐い話です。

ではいつ止めるのか。


補助ロケットを
いつ切り離すのか。



ここで大切なのは常に
ビジョンを意識すること

目指す方向を見失わず
タイミングを見て

ブレるものは
一日も早く切り離す。

補助輪なしでやっていけると
どのタイミングで判断するか?

それはお客様が育ち始めた時。

自分の販売力がついた時です。

ちょっと早いかな?
位のタイミングが丁度いいです。


それについては
またいずれ。

最後まで読んで頂き
ありがとうございます。


更新ペースは週一回。

次回も水曜の予定です。
ではまた来週!



次を読みたい方は→ こちら

2016年7月20日水曜日

やせ我慢。

コンセプトを
尖らせるほど

初めはやせ我慢が

必要になります。

資金さえ豊富にあれば

成功を夢見て

やせ我慢もできます。


でも資金が少ない場合は

とても大変です。

本当に存続が厳しくなれば

コンセプトに反するものも
取扱わなければなりません。

当然コンセプトに

反するので

お店の魅力は

どんどん曇っていく。

曇れば曇るほど

お店を軌道に乗せるまで

途方もない時間が

かかってしまう。

そしてまた資金の

問題が繰り返されます。

いつまでたっても

理想とする形が出来ず

気をつけないと

どんどんブレてしまいます。

コンセプトに反する様な補助輪は


スタート時は必要な場合がありますが

走りはじめたらすぐに邪魔になる。

ブレすぎてしまう前に

できるだけ早く補助輪を
捨てた方がいいです。

現実を冷静に見ながら

いかに早く補助輪を捨てるか
そこが分かれ道だと思います。

これについては
また次回

最後まで読んで頂き
ありがとうございます。

ではまた来週!


次を読みたい方は→ こちら

2016年7月13日水曜日

ピーンと立てるもの

お店をはじめる前に
ピーンと建てなければ
いけないもの。

それはビジョン。

自分のやっていく店で
社会をどう変えたいか。

どんなふうに
社会に貢献できるか。

それがお店のビジョンです。

お店と言っても
物販から飲食まで業種は様々

でもどんな業種であれ
お店をはじめる前に
ビジョンを立て

それに沿った行動指針を
つくることは大変重要です。

具体的にどんな
サービスが受けられる店か
他との違いは?

自分のための
私利私欲だけでなく

世のため人のための
使命は何かを考えてみる。

私は自分の使命を
「世の中を元気にする」

という観点でコンセプトを
掘り下げてみました。

「ここでしか手に入らないもので
世の中を元気にする。」

ビジョンを決め行動指針をつくり
すべての整合性を考えながら
尖らせていく。

コンセプトに反する
ものがあると

お店の魅力はどんどん
曇って行くので

できるかぎり
尖らせたいものです。

尖れば尖るほど
より早く伝わり

お店は魅力を増します。

ただし現実的には
尖れば尖るほど

はじめのうちは
やせ我慢が必要になります。

どこまでやせ我慢が
できるかを考えながら

初めのうちは
ほどよく尖らせることも重要です。

最後まで読んで頂き
ありがとうございます。

ではまた来週
水曜日の予定です。



次を読みたい方は→ こちら


















2016年7月6日水曜日

もう一つのきっかけ

もうひとつ私が
大きく変わった
きっかけがありました。

それは
「失敗」でした。

ある程度の仕事が
できるようになると



仕事にプライドが
芽生えてきます。


やがて大きな仕事を
任される様になります。

そのまま上手く
行けばいいですが

世の中そう簡単では
ありません。

私は丁度そんな時期に
失敗をしました。

それはとても
大きな失敗でした。

任された部署を
潰してしまいました。

人生最大のピンチ
恥ずかしくて仕方が無い。

一人前と思っていたら
やっぱりダメ人間だった。

とり乱して
何日も落ち込んで

最後の最後に
冷静に考えました。

まだ努力が足りない。
もっと上があるはず。

なんとかもう一度
人生を巻き返したい。

くやしければ
くやしいほど

恥ずかしければ
恥ずかしいほど

大きな反動に
なるものです。

大きな恥や失敗は
二度としたくないものです。

でもそれは私にとって
掛けがえの無い先生であり


大きなモチベーションに
なってくれました。

もしもあなたが今
ピンチに直面しているなら

おめでとうございます。
あなたはとてもラッキーです。

それは間違いなく
成長へつながる
チャンスですから。

最後まで読んで頂き
ありがとうございます。

ではまた来週!


次を読みたい方は→ こちら