2016年12月28日水曜日

2016の終わりに・・

今年も色々なことが
ありました。

皆さまにとっては
どんな一年でしたか?

毎年一年間が
短くなって行く気がします。

すべての人に共通で
今日よりも若い日は無いです。

会いたい人
行きたい場所

手に入れたい物
大切にしたい物

実現したい
夢があるなら

ぜひ来年こそ
取り組むべきですね。

“今”とエンディングは
常に直結しています。


今年もお客様が喜ばれる姿を
たくさん見ることができました。

近い将来自分が役割を終え
この世を去った未来では

ネットばかりでなく
魅力ある小売店がもっと進化し

素敵なお店が
たくさん出来ていたら
いいなと思います。

私は来年も一人でも多くの人に
幸せをお届けします。

ただのモノ売りなんて
やる意味がないですからね。

今年も最後まで読んでいただき
ありがとうございます。

来年もまた
毎週水曜日をお楽しみに~。


はじめましての方は
こちらを→ クリック


2016年12月21日水曜日

チームの力

お店を進めて行く上で
誰と組むか

誰と誰を組ませるかは
重要なことに思えます。

できれば優秀な人と組みたいし
優秀な人材を集めたいものです。

でも初めから理想の人が
見つかるものでもありません。

優秀な人が見つからなくても
悲観することはありません。

仮に優秀な人が来ただけでは
上手く行くと限らないからです。

仕事に精通した
優秀な人材を集めても

組合せによっては
実力を発揮できないどころか

お互いの良い所を
薄めてしまうこともあります。

例えばAさんは熟練者。
そこでもう一人熟練者の
Bさんと組ませた

ところがAさんもBさんも実力を
発揮できない事があります。

お互いへの配慮が
遠慮になっていく事があります。

熟練者は個人プレーになりがちで
逆に効率が悪くなることもあります。

また、優秀な人を複数集めると
優秀に見えなくなることがあります。

人件費の問題が
起こることもあります。

そこで逆に経験の浅い
CさんとAさんが組んだら

AさんはCさんをカバーし
経験の浅いCさんは
Aさんをサポートします。

好循環のチームプレーに
取り組むことができます。

Aさんの能力は際立ち
Cさんも急激に向上します。

各個人のレベルアップ
だけでなく

チームプレイの
スキルアップは強力です。

チーム力が上がると
お店は大きく成長し

結果としてお客様の
ためになります。

ペアでもトリオでも
また大勢のチームでも

個々の能力よりも大切なのは
チームでの能力を
いかに上げるかです。

何よりも
お店のコンセプトを
明確にしてブレないこと。

どんな店なのかハッキリさせ
常に意識を共有することが
とても重要だと思います。


最後まで読んで頂き
ありがとうございます。

更新ペースは週に一回。
毎週水曜日の予定です。

ではまた来週。

このつづきは
こちらを→ クリック







2016年12月14日水曜日

伝える技術3

言葉では簡単に伝わらない
ことがよくあります。

お客様は自ら質問をしていながら
答えを聞いていない事もあります。

ものを伝えることは
簡単ではありません。

だから本気で伝えるためには
様々な手段を駆使する必要があります。

伝える時に使うのは
言葉だけではありません。

資料や見本を用意して
見せるのも大切です。

中でも更に効果的で
大切なことがあります。

それは身体全体の五感で
分かってもらうことです。

実際にそれを
使っている状況を

耳だけでなく、目だけでなく
皮膚感覚でも体験してもらうこと

言葉だけでなく
資料だけでなく

身体で実体験して
五感で感じて頂くのです。

どんなやり方で
体験して頂くか

それにはお客様側の視点に
もう一歩踏み込む必要があります。

常にお客様視点で考えれば
様々なアイデアが浮かびます。

アイデアが浮かんだら
どんどん試していきます。

精度を上げるため
トレーニングも行います。

自分の精度を上げて
得意なパターンを作り
セリフも磨き上げます。

単に数字を上げ
儲ける事が目的でなく

お客様を幸せにすることが
目的だったら頑張れます。


最後まで読んで頂き
ありがとうございます。


更新ペースは週に一回。
毎週水曜日の予定です。

次回はまた来週!



このつづきは
こちらを→ クリック














2016年12月7日水曜日

なぜ伝えるのか?

お店のコンセプトを
本気で伝えたり

お客様のことを
本気でお褒めしたり

そんな「伝える」という
作業はとても大切です。

伝えることが
なぜ大切なのか

それを強く痛感した
経験がありました。

ある日突然、私の携帯に
警察から電話が入りました。

身元不明のご遺体がみつかり
遺留品がありました。

その遺留品は私のお店で扱う
特別なものでした。

他に手掛かりが全く無いため
遺留品の販売者をつきとめた警察が

販売者である私に
連絡をして来たのでした。

それは特別なものだった為
私はそのお客様が誰か

すぐに分かり
とても驚きました。

お客様は私が売った商品を
大切に使ってくれていたのです。

それを販売した当時
私はまだ伝えることの大切さを
理解していなかったため

そのお客様へは
本当に大切なことを
伝え切れていない事に気づきました。

私が伝えきれていなかった事
伝えなければいけなかった事は

あなたは世界にたったひとり
かけがえのない人で

あなたは素晴らしい
ということでした。

当時の私はまだ
浅はかで照れもあり

伝えきれていませんでした。

そのお客様が
亡くなられたと知って

私は本当に後悔しました。

あのとき私が勇気を持って
伝えていたら

もしかしたら何かが
変わっていたかもしれない。
















人はいつ死ぬか
わかりません。

自分の人生さえも
いつ閉じるかわかりません。

本当は今日が
最後かもしれない

だから私たちは
勇気をもって
命をかけても

本気で伝えていかなければ
ならないと思います。




最後まで読んでいただき
ありがとうございます。


更新ペースは週に一回。
毎週水曜日の予定です。

次回はまた来週!



このつづきは
こちらを→ クリック