2017年3月29日水曜日

着火剤・つづき


着火剤の大きな
落とし穴とはなにか?

よくある安売りセールは

何も知恵を使わず
何の努力もせず行えるので

ついつい手が出て
しまいがちです。

その時は勢いよく
売上が上がるので

嬉しくてハイな気分に
なります。

安売りセールは
一番キケンな着火剤です。

着火剤は麻薬の様な
ものでもあります。

使うと気分が
ハイになりますが

無目的に使うとハイの後で
灰になります。

なぜなら
使えば使うほど
やめられなくなり

使えば使うほど
効かなくなるから。

そして気が付いた時には
業界の時流が大きく変わり

昔は通用した常識が
通用しなくなっています。

もう火が点かないし
自分の知識も通用しない。

手の打ちようがない
恐ろしい状況になります。

着火剤はあくまで着火剤。

エンジンキーを回して
点火したら

ハンドルを取り
アクセルを踏む

火点する前に
行き先をしっかり決め

行程表通り走っていく。

お客様が来店され
ものを買っていただき

そのあとどんな
アフターフォローをして

お客様に喜んでいただき
好循環につなげるか

行程表通り粛々と
進めることが重要です。

最後まで読んでいただき
ありがとうございます。

更新ペースは週に一回。
毎週水曜日の予定です。


0 件のコメント:

コメントを投稿