2017年4月19日水曜日

話を導く。


明るい人には
人を惹きつける魅力があり
好印象ですが

しっかり目的をもって
会話を進めると

それをお店の
強みにすることができます。

プライベートでは
何を話そうと自由ですが

お店である以上は
常に一線を引き話を進めます。

常に目的を意識していれば
脱線することはありません。

お客様でも
世間話が好きな人がいます。

お悩みや自慢などを
聞くこともよくあります。

でも無目的に話を聞いていると
おかしなことになっていきます。

お店がお店でなく
ただのお話サロンになってしまう。

他のお客様から見ると
入りにくくなっているかもしれない。

やがて買い物しにくい
場所になっていきます。

すべての話題は
自分が伝えたい事へ向けての
導入でもあります。

話の行き着く先は
自分の扱う商品で
相手をいかに幸せにするか

相槌を打ちながら
相手の言葉を

違うことばに置き換えたり
補足してみたり

話の流れを大きく変える
必要があれば

話に関連した
質問をしてみたりして
うまく誘導します。

お互いの時間を
無駄にしないために

話の流れは常に
目的へ向かうべきです。

最後まで読んで頂き
ありがとうございます。

更新ペースは週に一回。
毎週水曜日の予定です。






0 件のコメント:

コメントを投稿