2017年4月12日水曜日

明るい人と大人しい人。


明るい人と、
大人しい人。

接客業では明るいに
こしたことはありません。

でも明るくて
よく話す人は

気をつけなければ
いけない事があります。

それは世間話が
多過ぎること。

特に自分のことばかり

話す人は注意が必要です。

確かに自己開示は
良い事かもしれません。


でも一歩間違うと
自慢話に聞こえることもある。

お客様との会話で大切なのは
お客様のことを聞く事です。

誰でも自分の事を
もっと分かって欲しい
と思っています。

自分のことを肯定し
認めて欲しい。

お客様のお話を聞いて
お気持ちを汲むことは
とても大切です。

お店側の人間が

自分が話したいことや
自分の事ばかり話すのは

実は立場が逆で
自分がお客様になっている。

あとで気付くと

とても恥ずかしいです。

こちらのことを話すのは
お客様が興味を示してから
です。

そしてそれは自分=商品、

商品の話で考えても同じです。

商品の事ばかり話すのは
自分の事ばかり話すのと似ています。

商品が素敵なのではなく
それを使う客様が素敵なのです。

それが自然に
分かるようになると

不思議に数字も
ついてきます。


最後まで読んでいただき
ありがとうございます。

更新ペースは週に一回
毎週水曜日の予定です。

0 件のコメント:

コメントを投稿