2017年4月5日水曜日

余白をつくる。

イイお店をつくるために
色々なアイデアを考えて

新しいアイデアを実行しようと
心に決めたのに

なかなか結果がでない
自分がいました。

アイデア自体に
問題があるのか?

それでまたアイデアを
考え直します。

その後また何時間もかけて
試行錯誤して

またすごくいい
アイデアが浮かび

すっかり有頂天になり
安心します。

でも、その後
お店は何も変わりません。

なぜか冷静に
考えてみました。

お客様が来られて
接客をして

すべてが終わり
帰られた直後に

一度反省の意味で
冷静に自分の対応を
検証してみました。

すると接客中は
無我夢中で対応している
自分に気づきました。

無我夢中で一生懸命に
対応している

余裕が全くないから
いつも通りのやり方に
なっている事に気づきました。

いいアイデアが
たくさんあっても

ほとんど何も実行
できていないのです。

ただアイデアを作っただけで
満足だった事に気づきました。

まるでアイデアオタクです。

そこで情けない
気持ちになりました。

どうすればいいか
また考えました。

いつもいざお客様を
目の前にすると

無我夢中になってしまい
慣れたやり方に戻る。

冒険は怖いからか
経験のあるルーチンに
戻ってしまう。

無我夢中になった時こそ
心の中にほんの少し

余白を作る。

いつも少しだけ
冷静に自分を見る

もう一人の自分を
作ってみました。

心に余白があれば
対応の合間に

この後どんな風な
展開に持っていくか

筋道をつくり
次の言葉が出てきます。

新しいアイデア通り
接客対応を運んでいける。

まず余白をつくるぞと
ほんの少し意識するだけで

徐々に新しいアイデアが
実行できるようになりました。

目先の売り上げの
ためではなくて

全てはお客様に
喜んで頂くためです。

最後まで読んでいただき
ありがとうございます。

更新ペースは週に一回。
毎週水曜日の予定です。


0 件のコメント:

コメントを投稿